無視されて当たり前

この記事をシェアする

スカウトされる側だったら

キャバクラ譲をスカウトするときに大切なのは誠実さです。
もしもあなたがスカウトされる女性だったときのことを考えましょう。
ちゃらちゃらして軽薄そうな見ず知らずの男性に「キャバクラで働かない?」と言われて、ついていくでしょうか。
おそらく、ついていく方は非常に小数なのではないでしょうか。
ほとんどの女性は、見ず知らずの男性に話しかけられた時点で無視します。
多くの女性が「ナンパされたことがある」そうですが、無視するケースがほとんどだそうです。
女性側から見ると、ナンパもキャバクラ譲のスカウトも大きく違いません。
無視するのが一番、という結論になります。
ですので、まずは話を聞いてもらうために「誠実な態度で接すること」た大切です。

前向きさ

奥野高徳氏は非常に前向きな人物です。
安易に安定を求めるよりも、長い目で見て成長する方が安定する、というようなことも言っています。
スカウトマンとして、女の子をキャバクラ譲として入店させるには、会話力や人間力が大切です。
知らない男性に話しかけられた女性を、「キャバクラで働いてみよう」と思わせるだけの会話力が重要に違いありません。
さらに、「この人にならついて言っても大丈夫そう」と思われるだけの誠実さと人間力が不可欠です。
そのためには、口先だけでなくしっかりした人間性を磨く必要があるでしょう。
知らない女性に声をかけていくわけですから、無視されて当たり前。
スカウトマンには前向きさが必要です。
前向きにめげずに頑張っていきましょう。