キャバ嬢のスカウト

この記事をシェアする

多くの女性に声をかける

キャバクラなどの風俗で働く女性をスカウトする仕事があります。
繁華街などを歩いていると、女性に声をかけている男性を見かけたことがあるのではないでしょうか。
ひょっとすると、この記事を読んでいる方の中に、声をかけられた経験のある女性がいらっしゃるかもしれません。
有名なキャバ嬢のスカウトマンである奥野高徳氏は、とにかくたくさん声をかけることが重要だと言います。
そして、無視されてもめげずに次の女性を探します。
もしも、あなたが女性で、知らない男性に「キャバクラで働かない?」と聞かれたら、どう思うでしょう。
不審に思うのではないでしょうか。
キャバ嬢のスカウトは不審に思われるものなのです。
そのため言い方を選ばなければ、「数打ちゃあたる」方式で、多くの女性に声をかけることが重要なのです。

声をかけるときには

声をかけるときには、「横から声をかける」ことを心がけましょう。
何をするにしても、相手の立場に立って考えることが大切です。
もしも歩いているときに話しかけられたら、立ち止まってまで相手の話を聞くでしょうか。
それも知らない男性です。
話を聞いてくれる可能性があるのは、立ち止まっている女性でしょう。
立ち止まっていても背後から突然呼びかけられたときと、横から話しかけられたときでは、どちらが聞いてあげようというきになりますか。
おそらく(僅差かもしれませんが)横からだと思います。
ですので、キャバ嬢のスカウトをするときには、「できるだけ多くの女性に声をかける」、「立ち止まっている女性に」「横から」声をかけることに注意ましょう。